不動産担保ローンを借りて感じたこと

無担保ローンは金利が高く不動産担保ローンが頼り

住宅ローンと比較するとわかりますが、消費者金融の場合にはお金を借用するにしても15パーセント程度の金利になってしまうことがあります。
もちろんかれる金額にもよりますが、100万円以内の借り入れならばそれぐらいの金利になるのが普通です。
住宅ローンなどを考えると1パーセント前後になりますので明らかに金利だけで相当損をしていることは理解できるでしょう。
少し話を聞いただけで私は消費者金融でお金を借りることは考えられないと感じました。
もっとも、事業目的でお金を貸してくれることはめったにありませんのでどちらにしろ最初からなかった選択肢を私は選んでいたのかもしれません。
無担保ローンは基本的に金利が高いわけですので、消費者金融はあきらめるとあと残っているのは不動産担保ローンになります。
銀行からお金を借りるよりも、そちらを利用した方がまだ理にかなっていると感じました。
金利がどの程度になるかといえば、2パーセントから3パーセントと比較的良心的なところが多いと感じます。
これならば金銭的な負担は大きくないと思いつつもあとは審査に通るかどうかが非常に不安でした。
なぜなら、担保となるべき住宅はそれほど新しいものではなかったからです。
新築ならばある程度価値がありますが、うちの場合は築20年以上経過していますのでおそらく建物の価値はほとんどないでしょう。

会社の資金捻出の為不動産担保ローンを利用無担保ローンは金利が高く不動産担保ローンが頼り無事に必要金額が借りられ会社の立て直しができた不動産担保ローンで借金の返済が楽になりました